TIPS

クライミングホールドの種類と持ち方まとめ

クライミングにおけるホールドの種類と効果的な持ち方やコツ、足の置き方など、初心者の方にわかりやすく解説していきます。

まだクライミングを始めてない方、数回ジムに行きもっと知りたい方、上達の極意もあるのでご覧ください。

 

+ 記事や画像を盗用される方へ(クリックし開いて下さい)

CAUTION

記事や画像を無断でコピーし盗用される方がいらっしゃいますが、著作権法違反であることをご存知でしょうか?

ちなみに、コピーするとあなたのIPアドレスが私に通知されます

IPアドレス情報を元に、記事の盗用先を割り出し厳正なる対処を行います。

 

ホールドの種類

ホールドは合計で7種類あり、それぞれホールドの持ち方・力の掛け方が変わってきます。

ガバ

ガバホールド

「ガバッと持てる」ホールド。名前の由来もそのまま来てます。

クライミング初心者の方は基本的にガバでスタートし、ガバのルートで登り、ガバでゴールします。

特別な持ち方は無いので、大胆に持っちゃってください。

ガバの持ち方

 

アンダーガバ

アンダーガバのホールド

下向きについているガバのホールドです。

持つときに上の方向へ力を掛けるので、足の筋力と腹筋で支えています。

クライミング初日や始めて間も無い頃はアンダーガバでスタートする事すら難しいんですよ!

でも1ヶ月も続ければ「そうそう、このスタートができなかったんだよ(笑)」と後々笑い話にもなります。

アンダーガバの持ち方

 

スローパー

スローパーホールド

掴みにくく、のっぺりしてるホールド。

パーミングと言って、手のひらをパーにして全体を大きく掴んで持つ。

フリクション(摩擦力)を活かして保持する。

スローパーの持ち方

 

スローパーは形が大小様々で、全てパーミングの持ち方が有効とは限りません。

例えばスローパーでも大きいサイズのものがありまして、これはパーミングできません。

スローパー①

スローパー①

スローパー②

スローパー②

 

でもたまに、スローパーなのにカチ持ちできる場合もあります。

カチホールドとカチ持ちについては次で説明します。

 

カチ

カチホールド

指の先、第1関節(ホールドによってはさらに第1関節の半分)程度しか持つ箇所が無いホールド。

カチ持ちと呼ばれる持ち方はかなり効きますが、指への負担もあり怪我しやすくなるのでフィジカルと相談してください。

ロックする前の持ち方

カチ持ち①

親指と小指でしっかりとロックする

カチ持ち②

 

カチも薄かったら「薄カチ」、ガバっぽいカチなら「ガバカチ」と呼び方を分けています。

ちなみに、外国の方に「カチ」と言っても通じませんでした!笑

「クリンプ」と別の呼び方があるので、これなら伝わるかも?

 

ポケット

ポケットホールド

指が2〜3本しか入らないホールド。

1本しか入らないホールドはワンフィンガーという。

ポケットの持ち方

 

説明するまでもなく、指の負担はかなり高くパキりやすい。

+ パキルとは(クリックして開いて下さい)

ポケットなど指への負荷が高いホールドを持ってムーブを繰り出すと「パキッ」と音が鳴り指に衝撃的な痛みが走ること。

指の腱が伸びてしまった音で、3ヶ月〜半年程度休養が必要になる。

ただ、どうしても登りたい場合はテーピングでガチガチに固定し、なるべく負傷しているゆび負担を減らしつつ登ること。

 

ピンチ

ピンチホールド

 

手の握力で持つホールド。

手が大きいほど有利な事もある。

ピンチの持ち方

 

握力が強いほど持てるので、普段スキマ時間でトレーニングしておくと良いです。

私がオススメするトレーニンググッズはこれ一択。

指を別々に鍛えられ、ポケットサイズなので退屈な会議中にもできます(笑)

どこでも指トレ

 

 

ジブス

ジブスホールド

 

ナットで取り付けられないほど小さいホールド。

釘だけで打ち込んであるのがわかりますか?

フットスタンス(足の置き場)や、カンテ付近で使われる事が多い。

 

ちなみに、初心者にありがちなジブスの置き方は次の通りです。

  • 足を荒々しく置く
  • 足首が寝ている
  • シューズ全体で置く

 

上達すればするほどこうなります。

  • 音を立てないようにそっと足を置く
  • 足首を立てて置く
  • つま先にピンポイントで置く

 

ジブスへの足の置き方、良い例・悪い例を見てみましょう。

足首が寝ていて、足の置き方も側面

足の置き方悪い例

つま先の部分、ピンポイントで乗る

足の置き方良い例

 

音を立てないようにそっと足を置く

ジブスなどの小さいホールドに足を乗せる際「ドカッ」と音がする人がいますが、これはフットホールドから足がずり落ちてしまうことがあります。

音を立てないように「そっ」と足を置きましょう。

それに、音が出ない方がかっこいいです

 

足首を立てて置く

初心者にありがちですが、これはバランスが崩れやすくなるのと、足でしっかり重心をかけられていないためです。

バランスが崩れると次のホールドへも取りにいけませんし、重心をかけられていないと腕に頼ってしまい早々にパンプアップします。

 

つま先にピンポイントで置く

シューズの側面や土踏まずら辺でホールドに乗ると、これもバランスが取りにくく重心がブレます。

つま先で乗らないと、小さいホールドになるにつれ滑りやすくなります。

 

おまけ

その他、いくつかホールドがありますので、さらっと紹介します。

 

手をホールドの中に入れるホールド

他にも手を差し込んで中で親指を握り込むようにして保持する「ジャミング」と呼ばれる持ち方があります。

これはクラック(割れ目)のホールドで有効とされます。リードクライミングでたまにクラックがあります。

ジャミング

どんなに慣れてても手の甲が痛いんですけどね!!

 

ツルッツルのホールド

ツルツルのホールド

ぱっと見、ガバっぽいホールドなんですが、よく見るとツルツルしてます。

なんだか光沢がありますよね?

特にチョークが付いていない部分は持つとツルっと滑るので、このホールドを掴みに行くとき注意が必要です。

 

ボテ(ハリボテ)

ボテ

極端に大きく全く掴みずらいホールド。

画像では三角形の部分のみを指す。

ジムルールでは、ボテについているホールドを触っていいかダメか、細かく設定されているためボテの周辺をよく見ること。

またはスタッフに聞いてみてください。

 

あとがき

ホールドの種類や持ち方を覚えておくだけで上級者の方や、スタッフさんに質問しやすくなります。

「あのスローパー持ち方のコツってありますか?」

「あそこのカチ、めっちゃ悪いですね!!パキりそうになりましたよ」

 

クライミングって、1人で登るスポーツなのにこうしたヒトとヒトのつながりが楽しかったりするんですよね。

この機会にホールドの種類を覚えるだけでも楽しさ増しますよ。

 

良いクライミングライフを。

>>ひとつ上のカテゴリーへ

1LvUP記事

1

クライミングをやっていて、こんな経験はありませんか? スローパーでパーミング効かない 手汗で滑ってポケットから抜けた 手のフリクション(摩擦力)が悪い チョークアップ直後ガバでヌメる   も ...

クライミング中のパンプアップを無かったことにする、乳酸の分解力に優れたサプリメント「カツサプ」試飲後2時間経過したので2回目の乾杯は粉のまま飲む 2

クライミング中に起こる問題として、腕のパンプアップにより登れなくなることがありますよね。 あなたにもこんな経験ありませんか? 腕がパンパンだけど楽しい、1分でも長く登りたい リードのルート、あと数手で ...

クライミングの手汗制汗製品デトランスは1滴で72時間も効果をキープ 3

いつものように素足でシューズを履き、休憩中にシューズを脱いで休んでいたら…足のニオイがやばい。 そもそも足汗が多くて、登った後なんのニオイケアもせずビニール袋に入れて持ち帰って帰宅後もそのまま。 誰が ...

4

ボルダリングに欠かせないのが、滑り止めの チョーク ですよね。 1度でもボルダリングを経験されたことのある人は知っているでしょう。 チョークにも大きく分けて3種類あります。 液体チョーク 粉チョーク ...

-TIPS

© 2020 ボルダリングナビゲーション