ボルダリングの総合掲示板

ボルダリングナビゲーション

TIPS

ボルダリングに向いている体型を正しく理解してますか?

更新日:

突然ですがクイズです

次のうちどちらがボルダリングに向いている体型だと思いますか?

 

ゴリマッチョ

ボルダリング(クライミング)に向いている体型はゴリマッチョと細マッチョどちらが有利だと思いますか?

細マッチョ

ボルダリング(クライミング)に向いている体型はゴリマッチョと細マッチョどちらが有利だと思いますか?

 

筋肉は重くて不利になり軽い方が有利

はい。正解は細マッチョです!

ボルダリング(クライミング)を経験した方ならまず間違えずに細マッチョと答えるでしょう

 

ゴリマッチョが不利な理由

ではなぜゴリマッチョがボルダリングに不向きなのか?

答えは簡単で、筋肉が多すぎると重いからです

ボルダリングは壁を登るスポーツであり重力に逆らって進みます

 

また、ボルダリングの難易度が上がるとホールドの掴む幅も狭くなってきます

ホールドの掴む幅が狭くなるということは指先にかかる負荷が高くなります

そうなると1㎏でも500gでも軽い方が有利になるのはわかりますよね?

 

ちなみに 体重が重いと壁の上部から飛び降りた衝撃を膝で吸収しなければならないですが

このときもかなりの衝撃を与えることになります

蓄積されたダメージはやがて膝を損傷することになります

 

細マッチョこそボルダリング向きの体型

その点細マッチョはボルダリングに必要な筋肉のみがついています

必要な筋肉とは腹筋、背筋、大腿四頭筋、指先の保持力です

握力はあれば有利ではありますが必ずしも必要ではありません

 

細い=体重が軽い ですので壁の上部から飛び降りる(不意落ち)場合も

膝や体への負担は少ないんです

つまりケガをしにくい体型とも言えます

 

ただ細いだけの人は1度太るのもあり

一点だけ誤解をしないでいただきたいのが ただ細いだけ の人

筋肉がついてないやせ型の人は自分の体重を引き上げる力もないので不利になる場合があります

 

やせ型の人はハードなトレーニングと良質なたんぱく質を摂ってもすぐに筋肉がつかず

それこそ1年や2年で体型を変えるのは至難の業です

 

ではどうするかというと 1度太って ください

炭水化物を中心に1日5食摂ったり

食が細いならエネルギーバーを間食にしたり

とにかく1度脂肪を付けることで筋肉の土台ができます

 

太るのもなかなか大変なのでひとまず5kg増としましょうか

5kg増えたらあとはひたすらボルダリングをするだけ

一般的な筋トレをするより効果的です

 

ぽっちゃりさんは食生活の改善から

ゴリマッチョならオーバーワークすれば筋肉が小さくなるかもしれませんが

ぽっちゃりマッチョは違います

 

ぽちゃマッチョは筋肉の上に脂肪がついていたり 上半身だけ筋肉マンだったりと

筋肉と脂肪のバランスが悪いためエネルギー効率も悪いし膝などの負担も大きいです

 

おそらく日本人で1番多いのがこの ぽちゃマッチョ 体型なので、ぜひ食生活の改善からおすすめします

食生活の改善と聞くと身構えてしまいがちですが そう難しくはありません

ここでは簡単に説明とさせていただきますが 次のことに気を付けるだけ

 

  1. 野菜・お肉・フルーツを先に食べる
  2. 炭水化物を控えめにする(ご飯は半膳)
  3. 食べ物はよく噛む

この3つだけです

余計な脂肪を落とすにはこれ以外に方法はありません

 

食生活の改善が難しい方は酵素ドリンクでプチ断食を試すのも良いでしょう

参考までによく売れている酵素ドリンクを紹介だけしておきます

断食サポートの酵素ドリンク

酵素ドリンクの優光泉

 

 

 

1LvUP記事

1

クライミングをやっていて、こんな経験はありませんか? スローパーでパーミング効かない 手汗で滑ってポケットから抜けた 手のフリクション(摩擦力)が悪い チョークアップ直後ガバでヌメる   も ...

クライミング中のパンプアップを無かったことにする、乳酸の分解力に優れたサプリメント「カツサプ」試飲後2時間経過したので2回目の乾杯は粉のまま飲む 2

クライミング中に起こる問題として、腕のパンプアップにより登れなくなることがありますよね。 あなたにもこんな経験ありませんか? 腕がパンパンだけど楽しい、1分でも長く登りたい リードのルート、あと数手で ...

クライミングの手汗制汗製品デトランスは1滴で72時間も効果をキープ 3

いつものように素足でシューズを履き、休憩中にシューズを脱いで休んでいたら…足のニオイがやばい。 そもそも足汗が多くて、登った後なんのニオイケアもせずビニール袋に入れて持ち帰って帰宅後もそのまま。 誰が ...

4

ボルダリングに欠かせないのが、滑り止めの チョーク ですよね。 1度でもボルダリングを経験されたことのある人は知っているでしょう。 チョークにも大きく分けて3種類あります。 液体チョーク 粉チョーク ...

-TIPS

Copyright© ボルダリングナビゲーション , 2019 All Rights Reserved.